月別アーカイブ: 2014年10月

「おはなし迷路」販売しています(10/26)

お子さまだけではなく、大人の方にも大人気の「おはなし迷路」シリーズ。
グリムの館売店では、ポストカードセットの第1集、第2集と、ポスター版の「しらゆきひめ」と「赤ずきん」を販売しています。

ポストカード集 6枚セット 648円

第1集:こぶとりじいさん、金太郎、親指姫、王様の耳はロバの耳、みにくいアヒルの子、つぼの魔人
第2集:モモタロウ、なかまはずれのこうもり、かさじぞう、文福茶釜、町のネズミといなかのネズミ、おおきなカブ
cardmeiro2b[1]

ポスター(78㎝×54㎝) 972円
赤ずきん、白雪姫
DSC00506

[売店営業時間]
開館日の9時~17時

そのほかにも、グリム童話の絵本や洋書、おもちゃ絵本などを取り扱っています。
お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。
委託販売のため、在庫がなくなりましたら販売終了(入荷待ち)となります。
グリムの館売店では、通信販売は行っていません。

通信販売を希望される方は、作者である杉山亮先生の公式サイトよりご購入下さい。
杉山亮のなぞなぞ工房

投稿カテゴリー: 売店商品案内 | 「おはなし迷路」販売しています(10/26) はコメントを受け付けていません。

イルミネーションの設営作業について(10/25)

グリムの森では、10月末より「第6回グリムの森イルミネーション」(主催:下野市ウインター活性化推進協議会)の設営作業を行います。
園内に足場を組んだり、作業車を乗入れたりします。
安全を確認しながら作業を行いますが、大変危険ですので、作業現場付近にはお近づきにならないよう、お願いいたします。

グリムの森イルミネーションは、市民ボランティアの皆さんが設営作業を行うため、平日の作業がむずかしく、土曜日、日曜日の作業が中心です。
ホール利用者、来園者の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

第6回イルミネーションは、11月30日(日)から開催予定です。
イルミネーション内容や関連事業は、決まり次第グリムの館ホームページでも紹介しますが、詳しい内容については、下野市ウインター活性化推進協議会(会長:有野 0285-53-1829)へお問い合わせください。
DSC04741

投稿カテゴリー: イベント案内, グリムの森だより, 予告, 利用案内, 施設案内 | イルミネーションの設営作業について(10/25) はコメントを受け付けていません。

喫茶室の営業について(10/19)

11月8日(土)9日(日)は、都合により喫茶室Cafe Pauseの営業をお休みします。
お客さまには、ご迷惑をおかけします。
またのご来店をお待ちしております。

11月3日(月)は臨時営業いたします。
当日は、「グリム♪ミュージックフェア♪」を開催しています。
ぜひ喫茶室にもお立ち寄りください。

グリムの館2階 喫茶室Cafe Pause
土曜&日曜 11:00~16:00

投稿カテゴリー: 施設案内 | 喫茶室の営業について(10/19) はコメントを受け付けていません。

第6回グリム童話賞作品集を販売します(10/16)

2005年(平成17)年度に、「水」をテーマに募集した「第6回グリム童話賞 入賞作品集」を電子書籍で販売します。
一般の部5作品と審査員講評を掲載しています。
中学生以下の部は大賞以下、該当作品がありませんでした。
販売価格は200円です。

第6回グリム童話賞 応募総数402編
【一般の部】
大 賞 「かげろう水の朝」 井嶋敦子
優秀賞 「カラカラ人魚」 わたなべちさ
優秀賞 「ぽつん」 安藤邦緒
佳 作 「水面」 松本周子
佳 作 「青い水」 富田美智子

【特別奨励賞】※掲載はありません
「そのときボクラは海にいた ~キミの歌声は海の歌声~」 吉田なつき
「しゅんさけ」渡辺 舜

一般の部大賞を受賞された井嶋敦子さんは、日本児童文芸家協会、日本児童文学者協会、季節風に所属され、小児科医のかたわら児童文学作家として創作をされています。
 井嶋敦子さん作品(紙芝居):「たべられないよ アレルギー」童心社
  井嶋さん作品ページ(amazon)

購入は、下記ページを確認の上、販売サイトをご覧ください。
作品集のご案内

投稿カテゴリー: 童話賞 | 第6回グリム童話賞作品集を販売します(10/16) はコメントを受け付けていません。

第2回名作映画祭 終了しました(10/12)

優れた日本映画を鑑賞し、その保存への理解を深めていただくことを目的に、文化庁と東京国立近代美術館フィルムセンターが、日本各地の文化施設と提携・協力して巡回上映している「優秀映画鑑賞推進事業」。
グリムの館では、昨年8月に続き、2回目の開催となりました。

今回は市川崑監督の作品の中から、10日に「東京オリンピック」を、11日には「野火」「おはん」「おとうと」を上映しました。

特に、「東京オリンピック」はちょうど開会式から50年目という節目の日。
選手たちの大会の記録としてだけではなく、オリンピックに湧く日本、国民の様子なども見られ、とても貴重な映像でした。
2020年のオリンピックもますます楽しみになりましたね!

オリジナルフィルムを使用していますので、一部に画像や音声の乱れがありましたが、映写機の回る音と相まって、独自の質感を持ったノスタルジックな雰囲気が感じられました。

2日にかけての上映でしたが、4作品すべてをご鑑賞くださった方もおられました。
ご来場ありがとうございます。
アンケートにも上映作品のご要望など、さまざまなご意見をいただきました。
今後の参考にさせていただきます。

投稿カテゴリー: イベント案内, 報告 | 第2回名作映画祭 終了しました(10/12) はコメントを受け付けていません。

11/3 グリム♪ミュージクフェア開催します(10/12)

グリム ♪ ミュージックフェア ♪
11月3日(月・祝)13:00~

10月18日から開催する「しもつけ市民芸術文化祭2014」の一事業として開催します。
今年は、コーラス部門の発表のほか、むつみマリンバキッズの皆さんの演奏、下野市出身のチェリスト・滝田恵美さんのチェロコンサートを行います。

[出演団体]
むつみマリンバキッズ
亀田砂織&美穂(ピアノ&ヴァイオリン演奏)
国分寺コーラス
若葉コーラス
混声合唱団石苑
ハーモニークラブ
下野混声合唱団
菊地喜平(独唱)

滝田恵美 チェロコンサート 13:20頃~
滝田さん
滝田 恵美(Takita Megumi)
下野市出身。作曲家、チェリスト、イベントプロデューサー。
㈱都賀屋 音楽事業部長に就任。「面白い音楽環境を創造する」をテーマに、現代社会に適応した新しい音楽の場を創造し、音楽家とリスナーの架け橋を作るべく、様々な事業を展開している。
 ♪Let It Go ♪世界の車窓から ♪Bon Voyage! 他

投稿カテゴリー: イベント案内, 予告 | 11/3 グリム♪ミュージクフェア開催します(10/12) はコメントを受け付けていません。

10/10&11「名作映画祭」開催します(10/1)

第2回 グリムの館 名作映画祭
平成26年10月10日(金)11日(土)

前売券:500円
前売券は、グリムの館と、下野市内公民館(国分寺、南河内、南河内東、石橋)のみで販売します。
※10/8 公民館での取り扱いは終了しました。
前売券希望の方は、直接グリムの館にお問い合わせください。
※前売券は、10月9日までの販売です
(FKDインターパークチケットぴあと、e+では取扱していません)

才気あふれる作風で日本映画の刷新を試み続けた市川 崑―。
小説の映画化として評価の高い作品に、国民的論議を巻き起こした記録映画を加えた4作品を紹介いたします。

上映作品
10日(金)
◇18:00~20:49
「東京オリンピック」(1965年)
3.東京オリンピック
記録映画。
今からちょうど50年前、1964年10月10日から24日まで開催された第18回オリンピック東京大会のメモリアル・フィルムとして、市川崑総監督以下、561人のスタッフが集結して製作された話題作。カンヌ国際映画祭批評家協会賞受賞。

11日(土)
◇10:30~12:14
「野火」(1959年)
1.野火
戦争末期のレイテ島の戦場で、食糧難から部隊からも病院からも見捨てられた主人公。さまよううちに二人の敗残兵の知り合うが、自分も殺されそうになり、逆に相手を殺してしまう。戦後の戦争文学に大きな足跡を残した大岡昇平の同名小説を映画化した。

◇13:15~15:07
「おはん」(1984年)
16081-1『おはん』004
10年の歳月をかけて宇野千代が書き上げた昭和文学の古典的名作を、市川崑監督が吉永小百合を主演に迎えて映画化。出来心から妻を捨てた男が、芸妓と元妻の間で揺れ動く心の迷いを、やがて迫り来る我が子の水死という因果応報的な世界観とともに描き出している。

◇15:25~17:03
「おとうと」(1960年)
2.おとうと温かみの欠けた家庭にあって、姉と病床の弟とが寄せ合う深い愛情の交歓をきめ細やかに描いた幸田文の小説の映画化。市川監督はこの映画に「銀残し」という特殊な技術を導入した。カラー映画でありながら白黒映画のようなくすんだ色調を醸し出す技法で、その渋い色合いがノスタルジックな空気を与えている。

500円の前売券で、すべての作品がご覧になれます。
※前売券は、10月9日までの販売です
前売券の取り置きも承ります。遠方にお住まいの方はお問い合わせください。
会場内は飲食禁止です。
当時のオリジナルフィルムの上映のため、映像や音声に乱れがある場合があります。

主催:一般財団法人グリムの里いしばし、下野市教育委員会、
文化庁、東京国立近代美術館フィルムセンター
協賛:松竹ブロードキャスティング株式会社   協力:株式会社オーエムシー

この映画上映は、優れた映画の鑑賞の機会を提供するために、東京国立近代美術館フィルムセンターが文化庁と協力して実施する「優秀映画鑑賞推進事業」によるものです。
優秀映画鑑賞推進事業

投稿カテゴリー: イベント案内, 予告 | 10/10&11「名作映画祭」開催します(10/1) はコメントを受け付けていません。