グリムの森フェスティバル終了しました(10/2)

9月29日の前夜祭から、30日、10月1日と開催しました「第6回グリムの森フェスティバル」
お天気にも恵まれ、大勢の方のご来場いただきました。

9月30日は津軽三味線の演奏から幕を開け、
南河内中学校の皆さんによるグリム童話賞の紙芝居上演、
とちぎテレビ「わいわいボックス」でおなじみのmixbellコンサートと続きました。

mixbellさんのコンサートでは、宇都宮工業高校の皆さんが伴奏を務め、迫力あるステージとなりました。
今回のステージは、後日「わいわいボックス」内で放送されます。
ぜひご覧ください。

毎年恒例となりました「ジャンボのり巻きつくり」
みんなで力を合わせて、20メートルののり巻きが完成、おいしくいただきました。

ドイツ製のストリートオルガン演奏会では、演奏体験もあり、初めて間近でみるストリートオルガンに興味津々でした。
  

2日目は「森の音楽会」を開催。
市内外の吹奏楽やコーラスの団体10団体による、演奏、ダンスの発表が行われました。
午後には、アンティーク缶を作り、多肉植物を植える園芸講座も開催しました。
  

2日間かけて制作した「チェーンソーカービング」作品、“ブレーメンの音楽隊”が披露されました。
鹿沼市を中心に活動されている小林哲二さんによる作品です。
この作品は、グリムの館に展示しますので、ぜひご覧ください。
   

その他、2日間開催した、ミニ新幹線、ふわふわ遊具、缶バッジ作り、貸衣装、お楽しみ抽選会にも、多くの皆さまにご参加いただきました。
消防自動車の展示、日本車vs.ドイツ車の展示には、大人の方にも興味をもっていただいた様子でした。

遠方からも大勢の皆さまにご来場いただき、ありがとうございました。
イベントプログラムやビールまつりメニューについて、さまざまなご意見をいただきました。
今後の参考にさせていただきます。

出店、出演にご協力いただきました皆さまにも改めて感謝いたします。
その他、運営に際しグリム工房の皆さま、シルバー人材センターの皆さま、グリムボランティアの皆さまには、大変お世話になりました。
ありがとうございました。

カテゴリー: イベント案内, 報告 パーマリンク