タイムカプセルを開封しました(11/4)

グリムの館開館を記念し、開館日の平成8年11月3日から1年間募集した「20年後への手紙」を、平成9年11月3日、タイムカプセルとしてグリムの森に埋設しました。
埋設から20年後となる今年、開封しました。

式典には、20年前に手紙を応募した方など約60名にご参加いただきました。

参加者は、20年前に自分が書いた手紙を探し、懐かしそうにしていました。
カプセルに入っていた手紙は、後日宛名に郵送する予定です。

下野新聞、とちぎテレビでも、開封式の様子が紹介されました。
◆下野新聞 「20年前の手紙と再会」
◆とちぎテレビ 「20年前のカプセル 開封式」

午後は、楽しく歌うふうふ♪ ケチャップマヨネーズ? さんのコンサートを行いました。

多くの家族連れにご来場いただきました。
一緒に手拍子をしたり歌ったり、とても楽しいコンサートになりました。

式典、公演にご協力いただきました皆さまには、改めてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

次回のグリムの館の公演は、11月19日(日)、
「N響メンバーによる バッハからバーンスタインまで!」です。
公演について、詳しくは こちら をご覧ください。
前売券は発売中です。
ぜひご来場ください。

カテゴリー: イベント案内, メディア情報, 報告 パーマリンク