第19回「グリム童話賞」決定しました(1/17)

昨年4月より募集を行いました「第19回グリム童話賞」(テーマは「犬」)について、慎重かつ厳正な審査を行った結果、下記の通り入賞作品並びに入賞者が決定しました。

[一般の部]
大 賞
「コハク日記」 伊東葎花(茨城県)
優秀賞
「いぬの歌うたい」 山口波子(兵庫県)
「コマイヌたちの夏休み」 白井郁雄(愛知県)
佳 作
「ロンの物語」 藤 鈴蝸(兵庫県)
「となりの宇宙犬」 スギサトリキ(山梨県)
「チコちゃんロード」 紡 透子(東京都)

[中学生以下の部]
大 賞
「鏡の向こうに」 室井優奈(栃木県)
奨励賞
「犬ダフル街」 荒川智哉(愛知県)
「わたしたちも生きてるよ」 田代愛咲美(新潟県)
「ジャスミンと私の秘密の思い出」 栗林莉子(栃木県)

入賞者の皆さまには、1月14日付けで、贈呈式のご案内をお送りしました。
作品応募時に結果通知を希望された方へは、本日発送予定です。
選考委員から特別な評のない場合には、個人への作品講評はいたしません。

大賞作品は、2月10日から開催します「第38回企画展」会場にて展示します。
入賞作品を掲載した「作品集」は、電子書籍として販売します。
販売は2月中旬を予定しています。
作品集の販売・購入についてはこちらでご確認ください。
作品集には、入賞作品10編と、選考委員による総評、各作品への講評も掲載しています。

[審査員講評](要約・抜粋しています)
30年度のテーマは干支にもちなんだ「犬」であった。犬は古代より人間の生活の近くにおり、親しみも深い生き物だが、それだけに人と犬の交わりについて似たような設定が多く、類型的な影響を受けている様子が読み取れた。

一般の部 大賞に選ばれた伊東葎花さんの「コハク日記」は、亡くなった愛犬の代わりに贈られたロボット犬の話。ストーリーは他にも見られるものであるが、童話として温かさを感じる存在感だけではなく、日本の伝統的な精神性も感じさせ、審査員の共感を集めた。

中学生以下の部 大賞を受賞した室井優奈さん「鏡の向こうに」は、不思議な世界に行ったり来たりするという面白さではなく、お話の中で大切なことをしっかり考えて言葉に表していることに感心させられた。
児童・生徒の皆さんは、ただ面白いお話を考えるのではなく、物語の世界を作り上げていく中で、自分の心の中にある声を発見する体験をしてほしいと思う。

カテゴリー: 童話賞 | 第19回「グリム童話賞」決定しました(1/17) はコメントを受け付けていません。

3/10「グリム童話の世界」ピアノコンサート(1/10)

310日(日)13:30開場 14:00開演

[第一部]グリム童話の世界の音楽
「白雪姫」や「ヘンゼルとグレーテル」などグリム童話の物語の世界を、ピアノ曲でめぐります。
■演奏曲■
「森の情景」より「森の入り口」(シューマン)
「無言歌集」より「道に迷って」(メンデルスゾーン)
「子供の情景」より「不思議なお話」(シューマン) 他

[第二部]グリム兄弟の時代の音楽
グリム兄弟が活躍した時代のクラシック曲を演奏します。
■演奏曲■
12のドイツ舞曲 D790(シューベルト)
ピアノ・ソナタ no.24 op.78(ベートーベン) 他

[入場券]500円(全席自由、消費税込)※未就学児の入場はできません
※1月12日(土)前売開始!

チケット購入については、こちら「自主事業のチケット購入方法について」をご覧ください。

e+で購入される方は、下記リンクから購入できます。
「グリム童話の世界」
本公演は、スマートフォンがそのままチケットになる「スマチケ」にも対応しています。
(「スマチケ」をご利用の場合、アプリをダウンロードする必要があります)

また、e+で取り扱っているチケットは、ファミリーマートに設置してある「Famiポート」から直接購入できます。
Famiポート、スマチケのご利用方法は、各リンク先でご確認ください。

安保 美希 プロフィール
1989年生まれ。19歳でオスロに渡り、ノルウェー国立音楽大学演奏学部ピアノ科で学ぶ。
4年後、フィンランドのシベリウス音楽院に留学。2013年帰国、国内外で演奏活動を行う。
 公式サイト → Honmonotone

カテゴリー: イベント案内, 予告 | 3/10「グリム童話の世界」ピアノコンサート(1/10) はコメントを受け付けていません。

第19回「グリム絵画展」作品募集について(1/6)

自然豊かな公園や、歴史薫る文化財が点在している下野市。
多くの皆さまに下野市を知っていただくため、またふるさとである下野市を再発見するため、昨年に引き続き下野市の風景画を募集します。

第19回グリム絵画展

[募集要項(抜粋)]
◆規格
4号から20号
額装して展示できる状態で搬入すること

◆応募方法
グリムの館で配付している応募票に必要事項を記入し、搬入日に作品とともに持参する
応募点数は1人2点まで
出品は無料だが、結果通知に62円切手が必要
※応募票は、搬入当日 会場でも記入できます

◆搬入日
1月19日(土)、20日(日)
午前10時から午後4時まで

◆審査員
杉山吉伸、森 實、渡辺正巳、日下田英彦(敬称略、順不同)

詳しい要項はこちら(PDF)からご確認ください。
入賞、入選作品は、2月10日(日)から開催する『第38回企画展』で展示します。


第18回 一般の部大賞「桐の花のころ、下石橋」亀田紀子
[審査員評/抜粋]
色彩感覚よく、同系色でうまくまとめ、雲の白さと緑の色調が響きあっている。


第18回 幼少中の部大賞「虹色の傘」高木蒼生
[審査員評/抜粋]
傘に多様な色彩をほどこし、表情に喜びを感じさせる。

前回の入賞作品集は、電子書籍で販売しています。
詳しくは、下記ページをご覧ください。
絵画展&童話賞入賞作品集のご案内

カテゴリー: イベント案内, 予告, 絵画展 | 第19回「グリム絵画展」作品募集について(1/6) はコメントを受け付けていません。
ページ: 1 2 3 4 ... 217 218 219