1/15 映画「無言館」上映します(11/26)

長野県上田市にある小さな美術館「無言館」。
この無言館には、志半ばにして戦地に散った画学生たちの作品や遺品が展示されています。
残された描きかけの絵からは「人を愛するということ」「命あるすべてのものを愛すること」への願いが静かに伝わってきます。

映画「無言館」は、美術館に展示されている作品とその思いを丁寧につづったドキュメンタリー映画です。
映画では、26歳で夭逝した下野市出身の伊澤洋さんの作品「家族」「風景」も紹介されています。
また、当日は「無言館」館長の窪島誠一郎氏の講演も行います。

映画「無言館」上映会
日時:2012年1月15日(日)
    13:30 講演会 / 14:30 映画上映
入場料:無料ですが、整理券が必要です
整理券配付場所:グリムの館、下野市内各公民館

◆整理券の配付について◆
※整理券は全座席分配付終了しました※
整理券は、座席数分(300枚)のみを配付します。
1人に4枚までお渡しします。
なくなり次第、配付は終了です。

◆当日の入場について◆
当日までに整理券の配付が終了した場合は、整理券をお持ちの方が優先的にご入場いただけます。
整理券をお持ちの方は、当日13:30までにご入場ください。
遅れた場合には、座席にお座りいただけない場合があります。

整理券をお持ちでない方は、当日13:30時点で座席が空いている場合、当日の先着順にご入場いただけます。
 (必ず入場できるとは限りません)

カテゴリー: イベント案内, 予告 | 1/15 映画「無言館」上映します(11/26) はコメントを受け付けていません

グリムの森放射線量の測定結果について(11/21)

下野市が行った市内公園の放射線量の測定結果が発表されています。
市内公園の放射線量測定結果について(下野市公式サイト)

10月14日にグリムの森で測定した値は、0.11マイクロシーベルト/時でした。
詳細については、上記リンク先「都市公園」のファイルをご覧ください。

カテゴリー: 施設案内 | グリムの森放射線量の測定結果について(11/21) はコメントを受け付けていません

ネイチャーゲーム【秋】終了しました(11/6)

天気予報は朝から雨マークでしたが、午前中はなんとか雨に降られずに、森の中で活動ができました。

まずは、森の中で目をつぶって周りの音を聞き取る「音いくつ」。
普段は気が付かない小さな音も、目をつぶるとよく聞こえる気がします。
「森の色あわせ」と「フィールドパターン」は、森の中から、指定されたものとおなじ色や形を見つけるゲーム。
木の葉の形や木の実の色など、色々と手にとって調べます。

途中には、森の中に漂う甘い匂いの正体を探しました。
駐輪場の近くにあるカツラの木は、落葉する時に甘い匂いがするそうです。

最後は、見つけた落ち葉や枝を使って、自由に絵を描く「にこにこぷんぷん」。
足元にたくさん落ちている落ち葉も、ひとつひとつじっくり見ると、何かの形に見えてきます。
猫が伸びているところ? 魚が泳いでる? 私の顔? 
想像力をふくらませて、画用紙に葉っぱで絵を描きました。

聴覚、視覚、嗅覚など、いろいろな感覚を使って、秋の森を体験していただきました。
次回、ネイチャーゲーム【冬】は、2月5日(日)です。
森は、寒い冬をどのように過ごしているのでしょうか。
興味のある方は、来館、電話、メールフォームにて、お申し込みください。

カテゴリー: グリムの森だより, 報告 | ネイチャーゲーム【秋】終了しました(11/6) はコメントを受け付けていません
ページ:  1 2 3 ... 245 ... 289 290 291