昆虫採集される方へお願い

グリムの森は雑木林を活かした公園ですので、さまざまな昆虫たちが生息しています。
季節によっては、カブトムシやセミなども採集できることがあります。
開園中はどなたでも自由に入園できますが、採取の際にはグリムの森のルールに従い、以下の点にご協力ください。

1.閉園時間帯に、柵を乗り越えて入園しないでください。
2.木を蹴る、表皮を剥ぐ、木を削る、木の根元を掘るなど、
  樹木を傷つける行為はやめてください。
3.園内に整備している草花を踏みつけないでください。
4.虫取りのための罠をしかけないでください。
5.蜂などの危険な昆虫に注意してください。
6.その他、下野市都市公園条例を遵守してください。

カブトムシやクワガタ虫の採集方法、マナーについては下記のサイトがとても参考になります。採集のポイントなども説明されていますので、ぜひご覧ください。
里山のカブトムシ・クワガタムシ

数年前までは、夏休みの期間中、採集のイベント行うために、カブトムシの生育をしたり放したりしていましたが、現在は行っておりません。そのため、年々昆虫の数は少なくなっています。
木の根元を掘ったままにしたり表皮を傷つけたりすると、木々が弱くなり樹液が出なくなるなど、園内で活動する昆虫がより少なくなってしまいます。
少しでも長い間、昆虫採集ができる森を残していけるよう、ご協力をお願いいたします。
「他の場所ではいいと言われた」「木の皮を剥ぐと虫が集まると書いてあった」などと言われる方がいらっしゃいますが、それぞれの場所でのルールの範囲内で活動くださいますよう、お願いいたします。

また、自宅で育てられなくなった昆虫、特に他の場所で採取した昆虫をグリムの森に放すこともやめてください。

カテゴリー: グリムの森だより, 施設案内 パーマリンク