月別アーカイブ: 2015年7月

「名作映画祭」ご来場ありがとうございました(7/26)

7月25日、26日と2日間開催しました「第3回名作映画祭」。
大変暑い中、遠方からもご来場いただき、ありがとうございました。

25日は「名作洋画劇場」と銘打って、タイプの異なる2本の洋画を上映しました。
サスペンス仕立ての「第三の男」と、ドラマチックなラブロマンス「誰が為に鐘は鳴る」、いずれも多くの人に愛されている不朽の名作です。

26日は、サイレント映画に活弁士の語りと生演奏を加えた「活動写真上映会」を開催しました。
無声映画のスター・チャップリンの「勇敢」「冒険」、現存する最古の「赤ずきん」の3本を上映し、合間には当時の映画事情の説明や、楽団による生演奏も楽しみました。
映楽団 赤ずきん

25日の上映後には、次回以降見てみたい映画のアンケートにご協力いただきました。
「名作映画祭」は、邦画と洋画を隔年で上映する事業のため、来年は邦画の上映を予定しております。
皆さんの希望に沿えるよう、上映作品の選定を行ってまいります。
次回以降の上映をお楽しみにお待ちください。

投稿カテゴリー: 報告 | 「名作映画祭」ご来場ありがとうございました(7/26) はコメントを受け付けていません。

ボランティア活動報告(7/10)

グリムの森では、ボランティア会員の皆さんの協力により、園内の緑化整備を行っています。
月に1~2回、剪定や除草、花苗の植え替えなどをおこなっています。

また園内に掲示板を立て、育てている樹木や花などの情報をお知らせしています。
花苗掲示板

ボランティア会員は随時募集中です。
植栽デザイナーの徳原真人先生の指導の下、花木の育て方、手入れの仕方などを学びながら、庭造りをおこないます。
造園やガーデニングに興味のある方は、ぜひご参加ください。

◆申込方法
グリムの館窓口、電話(0285-52-1180)、メールで受け付けています。
申し込みの際には、住所、氏名、電話番号、年齢、ボランティア保険加入の有無、希望するボランティア活動(屋内・屋外)を伺います。

年齢や居住地の制限はありません。年会費や入会金も不要です。
詳しくは、こちらのボランティア募集チラシ(PDF)をご覧ください。

投稿カテゴリー: グリムの森だより | ボランティア活動報告(7/10) はコメントを受け付けていません。

7/25,26「第3回名作映画祭」開催します(7/2)

第3回名作映画祭
映画史に輝く不朽の名作を上映する「名作映画祭」
3回目の今年は 洋画の名作と活動写真(無声映画)の上映を行います

◆名作洋画劇場 7月25日(土)
「第三の男」 10:30~第三の男6
監督:キャロル・リード
出演:ジョゼフ・コットン
オーソン・ウェルズ 他
上映時間:104分
白黒、英語版(日本語字幕)

あらすじ:アメリカの作家・マーティンスは、親友ハリーから仕事の依頼を受けてウィーンにやってきたが、ハリーはその前日に自動車事故で亡くなっていた。ハリーの葬儀で、マーティンスはハリーが闇取引をしていたことを聞かされる。そのことが信じられないマーティンスは、ハリーの死の真相を探るうち、事故現場に正体のわからない“第三の男”がいたことを突き止める。

「誰が為に鐘は鳴る」 13:30~誰が為7
監督:サム・ウッド
出演:ゲイリー・クーパー
イングリッド・バーグマン 他
上映時間:170分
カラー、英語版(日本語字幕)

あらすじ:アメリカ人教授のロバートは、内乱が起きているスペインでゲリラ活動に参加していた。鉄橋を爆破するため山間のジプシーたちに協力を求めたロバートは、そこでマリアという美しい娘と出会い、二人は激しく惹かれあう。

前売券:500円 ※発売中!
1枚で2作品鑑賞できます
未就学児の入場はご遠慮ください

◆活動写真上映会 7月26日(日)14:00~写真 2
サイレント映画に、活動写真弁士のナレーションとオリジナル生演奏をつけた“映画ライブ”公演!
現存する世界最古の「赤ずきん」フィルムと、無声映画のスター・チャップリンが活躍する「チャップリンの冒険」を上映します。

出演:映楽団 -Filmusik- 公式Facebook
弁士/片岡一郎、作曲・ピアノ/上屋安由美、ヴァイオリン/益子侑、
オーボエ/市川仁志、パーカッション/田中まさよし
前売券:500円 ※発売中!

●最古の映画版「赤ずきん」を発見!
●日本のみならず、世界的にも貴重なフィルム
東京某所でコレクターが保管していたフィルムの中から無声映画版「赤ずきん」が発見されました。
本作が撮影されたのは1907年、世界で二番目に制作された映画版「赤ずきん」です。
さらに世界初の映画版「赤ずきん」のフィルムの現存が確認されておらず、本作は現在見ることのできる世界で最も古い「赤ずきん」ということになります。

前売券は、グリムの館と下野市内各公民館(国分寺、南河内、南河内東、石橋)で販売します。
グリムの館では、「名作洋画劇場」と「活動写真上映会」のお得なセット券(800円)を販売します。
会場内での飲食はできません。

※遠方にお住まいの方は、チケットの取り置き(事前に予約&当日お渡し)も承ります。
お電話(0285-52-1180)、メールフォームから、お問い合わせください。

投稿カテゴリー: イベント案内, 予告 | 7/25,26「第3回名作映画祭」開催します(7/2) はコメントを受け付けていません。